*

借金返済のやりくり

新聞のチラシ、ゴシップ紙、街角に貼られたビラやダイレクトメールで「負債の整理整頓いたします」「多重負債をひとつにしたくないですか」と書かれた広告を見ることが多いです。

 

「片付け屋」「買取業」「紹介人」という名称の悪徳会社の広告のケースがあったりします。

 

そのようなものを利用した場合では自己破産フローの中で一番大切な免責認可を受け取れないリスクがあります。

 

「整理人」の場合はダイレクトメールなどで多重債務者を寄せ集め、相当な手数料を受け取って整理をしますけれど現実には債務整理は実行されずに、さらに借金スパイラルに陥ることがほとんどと言えます。

 

「買取人」は債務人の借金で、デジタル用品、コンサートのチケットをいっぱい購入させ依頼者から品物を販売額の10%もしくは半額で買取るという手法をとっています。

 

債務人はそのときは現金が得られますがそのうちクレジット企業からの商品価格の販売額の督促が送られてきて、結局は負債額を悪化させることになります。

 

このケースだとクレジットカード会社に対する詐欺に当たるとされて免責承認をもらえなくなります。

 

「紹介業者」の場合は、著名なサラリーマン金融から断られるようになった債務人について直接的な融通は全然せずに、提供をしてもらえる他の企業を教え、常識外の経費を出させる業者です。

 

つなぎ屋は高度なつなぎで資金提供してもらえたかのように話しますが、何もしないでただ単に審査のゆるい会社を知っているだけです。

 

このときも現実には負債額を増大させることとなります。



コメントする