*

ビジネス

経験不足は致命的

FXの経験がない方が相場の要所を探すためには、まず取引経験を積み上げていく事が必要です。

 

特に、あらかじめピンチを察知できるようになるには失敗を積むことも大切です。

 

無論、負けたといっても再起できないほど大きな失敗をする事は論外です。

 

取り戻せるほどの損を数度実績を積む事が、自らの経験を増やしてくれる。

 

こう考えるとまず最初はわずかな資金でトレードを行ない、数回ちょっとした損をすることが大切です。

 

ひとつの例として、100万円しか投資資金がない状態で、一銭も残さないで投入して注文すると間違えた時、今後やり直せない恐れがあります。

 

そのため、たとえば資金の10%ずつ分けてトレードを行ない、それで勝ち負けを積んだ方が、段々と負けを回避する技術なども学んでいくはずです。

 

まず最初に少額で取引する事の良い点は、既出の通り、自らの体験を増やし間違いを管理する方策を学習していく事にありますが一緒に、エントリーの回数を重ねる事で危険を減らす事ができるという長所もあります。

 

1回限りの売買で儲けられる可能性が5割だとします。

 

すなわち、同じだけ損失を生むリスクもあります。

 

勝率50%ということは半分半分の確率で利益が上げられる事を言い表しています。

 

だが、全財産を投じて1度のみの勝負をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのどちらかになってしまいます。

 

それはただの丁半バクチと同じです。

 

すなわち、全ての投資資金を投じて1回だけしかエントリーしないとこれだけでは負ける可能性が大きくなってしまいます。

 

それだけに、投資資金を1度にすべてつぎ込むのではなく少しずつ分けて、回数を積み重ねる事がリスクコントロールとなります。

 

同時に数回に分けたとしても、すべてに儲ける事は必須ではありません。

 

全部は勝てないのが現実だ。

 

投資で重要なのは勝った回数ではなく、いくら利益を上げるかです。

 

勝率が50%でも、或いはそれ以下でもプラスにする事は出来ます。

 

5割以上負けてもマイナスが少額ならば少ない勝利のプラスの大きさで上手に利益を上げられます。

 

それには、損失を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。

 

損したら素早くロスカットしてそれとは逆にプラスになる場合には上手に稼ぐ事が外為をはじめたばかりの方が外為取引で利益を上げる極意です。

 


テスト

テスト記事です。